切迫早産と診断される妊婦さんも、今の医療では、ひどくなければ薬で自宅安静ですごすこともできます。

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
切迫早産になったら医療の力で対処しよう

今の医療は切迫早産の時にもとても役立ちます

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
私には子供が二人いるのですが、二人目の時に切迫早産と診断され、自宅安静を余儀なくされました。まったくそんな前兆もなく、急にトイレに行ったら、出血していたので、びっくりして病院へ駆けつけました。妊娠中は何が起こるか本当に分からず、自分のことなのですが、自分でもまったく分からない未知の世界と言っても過言ではありません。その時は、仕事をしており、結局8か月まで働いたのですが、その時に自分でも分からなかったのですが、かなり無理をしていたようで切迫早産となってしまったようです。
妊娠しても周りに迷惑をかけたくないという思いが、かえって長期で休まなければならない結果となり、逆に周りに迷惑をかける結果となってしまいました。
今の医療はとても素晴らしいと思ったのが、入院はせずに点滴と薬でどうにか切迫早産を食い止めることができたということです。
入院となってしまうと、上の子の面倒をみることもできなくなりますし、とても大変だったのですが、とりあえず自宅での安静で良かったので、助かりました。私の場合は、それほど重篤な切迫早産でなかったので、その程度で良かったのですが、ひどければそのまま出産まで入院となる可能性もありますので、妊婦の方はあまり甘く見ずに、自分を甘やかしてあまり無理をしないことをお勧めします。切迫早産となってしまうと、ひどければそのまま生まなければならないこともありますので、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもよろしくない環境です。
ですので、いつもと同じようなことが妊婦さんにはできないこともあるということを周りの方も理解してあげなければならないと思います。

関連サイト情報

Copyright (C)2017切迫早産になったら医療の力で対処しよう.All rights reserved.