以前切迫早産で入院した。医療処置は適切であったが、入院患者としては耐えるのもつらい場面もあった。

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
切迫早産になったら医療の力で対処しよう

切迫早産と診断されて。医療の様子。

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
以前、切迫早産と診断されて2ヶ月間入院したことがあります。退院して2日後に出産しました。妊娠中の経過は、つわりは重かったもののおおむね順調でした。・・・と、自分では入院するまで思っていました。実際は仕事をしていたこともあって無理をしていたのでしょうね。
ですが初めての妊娠で、本を読んでも「適度な運動はむしろした方がいい」と書いてあったので、仕事以外にも散歩したり買い物も自分で行っていましたし、家事はいつもどおりやっていたのです。

それが、ある日定期健診に行ったら「このまま入院してください」と言われて。そのまま車椅子に乗ってベットによこたわり、お腹がはらないように医療としてウテメリンの点滴をうけました。トイレのみ立っても可、食事で起き上がる以外はずっと横たわっていてくださいと言われました。翌日から毎日、お腹のはりを機械を使って測定するようになったのですが、一向に結果はよくならず。結局出産予定日が近づいて退院するまでずっと寝たきりでした。食事は病人食で少量でしたし、おやつもなし。いつも狂ったようにお腹がすいていましたね。お風呂にも入れず、頭がかゆくなりましたが起き上がってはいけないとのことだったので我慢しました。30日後に看護婦さんが頭を洗ってくれました。あまり深くがんが得ると気が狂いそうなことばかりでしたが、初めて生まれてくる赤ちゃんに何かがあってはいけないと必死に耐えましたよ。出産は、ずっと寝ていたせいであらゆる体力が低下していたので、いきめませんでした。無理に羊水を出して陣痛を強めたのですが、無理やりだったので気絶しそうな痛みでした。先生がお腹を押して赤ちゃんを出しました。難産でした。2人目は楽でしたけどね。

関連サイト情報

Copyright (C)2017切迫早産になったら医療の力で対処しよう.All rights reserved.