じぶんが体験した、医療きかんの切迫早産ちりょうほうほうを、書き込んでいきたいとおもいます。

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
切迫早産になったら医療の力で対処しよう

切迫早産と医療方ほうについて

切迫早産になったら医療の力で対処しよう
私は、一人目の時切迫早産になりました。原因は、お腹のはりが頻繁にあったしストレスも関係していたと思います。さすがに二人目は大丈夫だと思ったらまた切迫早産だと言われました。一人目の時二回、二人目のとき六回くらいもあり、看護婦さんに、常連さんだね。なんて言われてしまったりもしました。ちなみにかぞくにも、大丈夫ではなく、またなの。なんて言われました。三人目の時、三、四回。そのうちいっかいは、風邪をこじらせ、せきやはなみずで、力んでしまい、出血して入隠すべて切迫で入院しました。医療方法は、点滴のみです。

毎回そんなに入院するのでかなり家族には、迷惑をかけたと思います。金額も結構するので、それもまたストレスではありました。未然に防げる医療方法は、ないのでしょうか。それと、入院しないでも点滴に変わる飲み薬的なモノは、開発されているのでしょうか。そこのところが疑問に思います。とにかく点滴を毎日しているのでシャワーをあびたあと、差し替えしなくちゃならないために、また痛い思いをしなければなりません。しかも、血管が細いために針で探られたり、一回抜いて違うところにさしますと言われたりして散々でした。一ヶ月入院していると、さすところがないから手がパンパンになるまで差し替えませんなんて言われてしまい最悪でした。一応シップをもらうのですがあまり効果はなかったです。
とにかく切迫と言う名前も緊迫した感じで落ち着きませんでした。

関連サイト情報

Copyright (C)2017切迫早産になったら医療の力で対処しよう.All rights reserved.